医学部を目指す場合に予備校ではなくて家庭教師を利用するメリットとは

集団指導と個別指導のそれぞれのメリット・デメリット

福岡 医学部予備校医学部受験予備校なら、九州・福岡の全寮制予備校【太宰府アカデミー】

多くの受験生は予備校などを利用して受験対策を行っています | 集団指導と個別指導のそれぞれのメリット・デメリット | 受験生の性格や学力レベルに応じて選ぶことが大切

集団指導であっても成績別にクラス分けが行われますが、設置されているクラスの最低レベルに達していなければ講義内容を理解することができません。
個別指導方式であれば本人の学力レベルに合わせてオーダーメイドで学習計画を立てることが可能で、不得意教科の成績が低い場合でも対応してもらえます。
集団指導であれば、受講生が講師の先生に勉強以外の個人的な事を相談しにくいというデメリットがあります。
これに対して個別指導であれば、勉強以外の個人的な悩み事でも講師の先生に気軽に相談することができます。
講師の先生が現役の学生であれば生徒と年齢が近いので、親よりも相談をしやすい場合があります。
講師の先生に受験予定の学校の相談をしたり、大学生活や大学で学ぶ内容などを教えてもらうことで学習意欲を高めることができます。
個別指導であれば、小論文や面接対策もサポートしてもらえるというメリットがあります。
昔は難関大学に進学する場合は入学試験の成績だけで合否が判定されていましたが、今は医療関係者としてふさわしい素質を持っているかどうかを調べる目的で小論文や面接試験も実施されています。
入学試験で高得点を取るだけであれば努力して勉強をすれば何とかなります。
これに対して小論文や面接は人間性がみられるので、学力を身につけるだけで乗り切ることができません。
現役の大学生や大学院生であれば既に体験していますし、どのような性格の人が合格したのかを知ることができます。
現役学生の講師から個別に指導を受ければ、学力以外の面が評価される小論文や面接試験を突破するためのコツや方法を教えてもらうことができます。