医学部を目指す場合に予備校ではなくて家庭教師を利用するメリットとは

多くの受験生は予備校などを利用して受験対策を行っています

医・歯学部に進学するためには、他の学部よりも非常に高い学力が求められます。
他の学部よりも難易度の高い医・歯学部に合格するための学力を身につける場合は学校の勉強では不十分なので、多くの受験生は予備校などを利用して受験対策を行っています。
医学部専門の予備校に通う以外にも、家庭教師を利用して受験対策をする方法があります。
医・歯学部を目指す場合には、医学部の受験対策を専門とする家庭教師の派遣サービスを利用する必要があります。
医学部専門の家庭教師派遣サービスでは難関大学を卒業したプロの講師や、有名大学の医・歯学部や大学院に在籍している現役の学生が講師として指導を行います。
家庭教師(個別指導)は集団指導方式の塾や予備校を利用する場合と比べてメリットとデメリットがあるので、受験生の性格や志望校でどちらが向いているかを判断する必要があります。
塾・予備校のように集団指導ではなくて個別指導を利用するメリットには、受験生の性格や得意不得意教科に合わせてきめ細かな指導が受けられる・生徒のレベルに合わせて無理なく受験対策ができる・親身に志望校選びの相談に乗ってもらえる・小論文や面接もサポートしてもらえることなどが挙げられます。
受験生には集団指導に向いている人と、そうでない人がいます。
他人の目を気にしすぎる性格の人や、誰にも邪魔されずに勉強に集中したい人は集団指導ではなくて個別指導の方が向いています。
得意・不得意科目がはっきり分かれている生徒も、個別指導の方が向いています。
このような生徒は集団指導だと不得意科目の講義内容について行くことが難しく感じたり、得意教科の講義が無駄になってしまうことがあるからです。

2月02日(金)【一次】東海①
【一次】福岡医学部
【一次発表】東京女子医科(午後2時)
【二次】帝京①
【二次】日本医科②(選)
【二次】愛知(選択)
【二次発表】国際医療福祉#医学部  #医学部予備校  #医学部受験  #医学部入試

— 東研学院予備校 (@token_ne) 2018年1月26日

多くの受験生は予備校などを利用して受験対策を行っています | 集団指導と個別指導のそれぞれのメリット・デメリット | 受験生の性格や学力レベルに応じて選ぶことが大切